作業負荷の軽減

共配物流センターで業務を効率化(K社様の事例)
物流を人、設備、コストの多方面から見直し、効率化を図る : 日本デイリーネットを、貴社の物流部門としてご活用ください。専門企業ならではのハードとソフトで、物流業務を飛躍的に効率化いたします。

導入背景

自社で物流を行うには場所も業務も限界に

K社様は、プラントから取引先の店舗まで自社で直接配送を行っていました。そのため、プラント内に商品の保管場所や物流作業用のスペースが必要で、業務も煩雑化していました。

日本デイリーネットからのご提案

お客様の課題や問題点のヒアリングと現地調査を行い、
下記のサービスでコスト削減をご提案いたしました。

  • 物流機能の一元化
  • 在庫管理システム「LINQS」を導入
  • 在庫保管能力・作業スペースの拡張

[改善点01]物流機能の一元化

すべての商品はいったん当社の物流センターに入荷し、そこから各地の納入先へと配送する仕組みを提案しました。

モノだけでなく商品にまつわる情報も当社物流センターで管理されるため、物流の「見える化」が推進され、業務の効率化が進みます。

[改善点01]物流機能の一元化

[改善点02]在庫管理システム「LINQS」を導入

独自の在庫管理システム「LINQS」は、受注情報に基づいてピッキング帳票や仕分けラベルなどの情報を素早く現場へ伝達。納品伝票などもあわせて作成し、商品とともに得意先へ確実に届けます。

お客様はLINQSの情報をリアルタイムで確認でき、管理作業を大幅に簡素化できます。

[改善点02]在庫管理システム「LINQS」を導入

[改善点03]在庫保管能力・作業スペースの拡張

K社様のプラント内に設けられていた商品の保管や出荷作業用のスペースを、当社物流センター内へ移管する提案を行いました。

これにより、より多くの商品を保管できるようになるとともに、プラントにおける製造能力を高めることが可能になります。

[改善点03]在庫保管能力・作業スペースの拡張

NDN 日本デイリーネット株式会社

  • NDN 日本デイリーネットの強み
  • 物流サービス
  • 改善提案
    • 配送コスト削減
    • 品質管理の徹底
    • オペレーション負荷の軽減
  • 設備紹介
  • 企業情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

弊社への各種お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

お問い合わせ
場合によってはお返事が遅れる場合がございます。
  • 2015年 新卒採用情報
  • 事業所一覧
  • 物流用語集
  • 物流システム「LINQS」

ページの先頭へ戻る