社長ご挨拶

日本デイリーネットは「人輝く、食の未来」を構築して参ります。

日本デイリーネット株式会社は、平成18年4月1日、チルド・冷凍商品の保管、出荷、納品を主業務とする、ニッポンハムグループの物流会社として誕生致しました。
設立後、インフラの整備・システムの構築に努め、全国13カ所のTC・DC併用冷蔵・冷凍センターを保有すると共に、全国約百数十カ所のグループ冷蔵・冷凍TC拠点を活用できる物流会社となっております。(平成28年4月現在)

物流業は太古の時代より営まれており今後もなくなることはありませんが、その時代に求められる物流品質は大きく変化しています。
早く、安く、安全にお届けするのは当然ですが、現在の食品物流には環境負荷低減、食品廃棄の削減、労働環境改善など新たな品質要求が高まってきています。

 

我々は「ものづくり」の心を持った物流会社として、新たな要求に如何に対応するかを考え、最高品質の食品物流サービスをご提供します。

3つの提案

1)独自の在庫管理システム「LINQS」による在庫削減の提案
当社独自のWMS「LINQS」は、生鮮食品取り扱いを前提に開発を進めて参りました。この「LINQS」を活用していただくことで、全国の在庫、配送状況をリアルタイムで把握することはもちろん、入荷から納品までの入出庫履歴を保持しており、トレーサビリティ対応を実現しています。
これによりお客様の在庫削減、販売戦略策定及び緊急時の迅速な対応を可能にします。

2)共同配送の提案
冷凍、冷蔵商品を365日、24時間、全国のお得意先様にお届けできる配送網を構築しており、ネットワークを利用していただくことでコスト削減と環境負荷低減を図ることができます。

3)集約による作業合理化の提案
ニッポンハムグループの物流会社としてのノウハウを活かし、品質管理の徹底、作業生産性の向上を常に追求しております。
流通加工をはじめ、お得意先様からの要請を365日対応の弊社センターに集約することで、コスト削減と同時に労働環境の改善を図ることができます。

配送のコストやエリアでお悩みのメーカー様・流通業様・外食産業様は、ぜひ一度、弊社の物流網の活用をご検討ください。

日本デイリーネットは「食」という最も生命の根源にかかわっている仕事に携わっているのだという責任と自覚を持って、お預かりしたお荷物を消費者の皆様・お得意先様に、心を込めて最高品質の物流サービスでお届けいたします。 「食」の「ものづくり」から発足した企業として、その実現は我々の責務であり誇りです。

NDN 日本デイリーネット株式会社

  • NDN 日本デイリーネットの強み
  • 物流サービス
  • 改善提案
  • 設備紹介
  • 企業情報
    • 社長ご挨拶
    • 会社概要
    • 事業所一覧
    • 沿革
    • 日本デイリーネットの取り組み
  • 採用情報
  • お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

弊社への各種お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

お問い合わせ
場合によってはお返事が遅れる場合がございます。
  • 2015年 新卒採用情報
  • 事業所一覧
  • 物流用語集
  • 物流システム「LINQS」

ページの先頭へ戻る